アラサー女子、のんびりデブ活

アラサー女子が関西・東海圏を中心にグルメをゆるく語るブログです◎時々フラッと旅に出ます

あの子にもう一度会いたい

f:id:mayamayamayamayama:20200902112349j:image

皆様は『水無月』というお菓子をご存知でしょうか?

わたしの中では夏の訪れを告げるお菓子!っていうイメージなのですが

京都で6月30日に半年間の厄落としと残り半年の無病息災、暑気払いの意味を込めて食べられるお菓子なんだそうです!

菓子の用語「水無月」

 

 

 

 

f:id:mayamayamayamayama:20200823114158j:image

ちなみにわたしはこちらの水無月、

7月初旬に京都で買っていただきました◎

大変申し訳ないことにお店の名前を失念してしまったのですが

宇治の平等院鳳凰堂に行く道にあった和菓子屋さんでした(^^;;

実はずっと食べてみたいな〜と思っていたのですが

それまで6月30日にしか売ってくれないのかと思っていて…笑

出会えて嬉しかったです(´;Д;`)

最初短冊型だったので

『まさかの!三角じゃないやん!』と思ったのですが

調べたところ

旧暦6月1日は「氷の節句」または「氷の朔日」といわれ、室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていました。この日になると、御所では「氷室(ひむろ)」の氷を取り寄せ、氷を口にして暑気を払いました。

「氷室」とは冬の氷を夏まで保存しておく所のことで、地下など涼しいところを利用して作られた、昔の冷蔵庫のような場所です。京都の北山には「氷室」という名の場所があり、今でもその氷室の跡が残っています。昔はこの北山の氷室から宮中に氷が献上されたと『延喜式』に記され、宮中では氷室の氷の解け具合によってその年の豊凶を占ったといいます。

当時は氷室の氷を口にすると夏痩せしないと信じられ、臣下にも氷片が振舞われたようです。しかし、庶民にとっては夏の水はとても貴重で、ましてや氷など簡単に食べられるものではありません。そこで、宮中の貴族にならって氷をかたどった菓子が作られるようになりました。これが水無月です。水無月の三角形は氷室の氷片を表したもので、上の小豆は悪魔払いの意味を表しています。

 

だそうです。

わたしの感覚からすると氷よりもお菓子の方がよっぽど嬉しいけどなあ。←

 

 

 

まだ売ってるところあるんかなあー?

ういろうのもちっとした感じと小豆の甘みが絶妙だったので

ぜひもう1回食べたいです(๑╹ω╹๑ )