アラサー女子、嬉し楽し

三重県在住アラサー女子です。日々食べることとダイエットのことばかり考えています。笑  美味しいものを食べることと旅行が大好き!

聞いてほしけりゃ聞きたくなるように話をしろよ、という愚痴

おはようございます( *´艸`)

朝早めの更新をしておるところです◎

甲信越の皆様、引き続き緊張が続くかと思いますが

どうか命を大事にしてくださいね。

 

 

 

私がいつまでもしょんぼりしてるのは何だか違う気もして

今日はあえて、元気に愚痴大会したいと思います(# ゚Д゚)え

 

 

 

この間仕事で研修に行きました(´・ω・`)

研修って、ワークショップ形式のものだったらいいんですが

講義形式のものは、たまに眠くなる。

必死に耐えるんですが、結果聞くのが嫌になって気がついたら意識が遠のいていることがしばしば。笑

良くないとは思うんですが

今日はさすがに何かもやもやするのでブログにしたためておこうと思った次第です。

 

 

 

今回の講師先生は、どこぞやのお偉いさんらしき人。

何か写真とかたくさん見せてくれました。

1日のスケジュールが

午前:講義 午後:講義、グループ討議、質問

となってまして

『質問タイムを設けるなんて…なかなか挑戦的やな…』と思ったわけです。

今まで参加した講義で

『それでは、せっかくの機会ですので先生にご質問がある方はぜひ!』とか言われて

も、たいがいは誰も発言しない。

いや、でもここで手をあげて質問する!という熱意でもって講義に参加してくれるのは講師先生にとってはありがたいことだろうな、とか思ったりもします。

しかし、今日は違った。

講師先生は

「質問はたくさんあるだろうけど、途中で中断してお答えするのは流れとかもあるので、後でまとめて受けます。たくさんあるだろうけど、時間の関係でグループにつき2つまでにします」

と冒頭から『たくさん質問あるだろう』宣言。

2回も言った。

ほほう、そんなもっと聞きたい!な話をしてくださるのか!と私も気合が入るわけです。

午前終了。

うん、まあ…ためにはなったけれども。

特にこの場で聞きたいことはなかったな…。

午後開始。

講師先生はノリにノって喋りまくっている。

あー眠くなってきたぁぁぁ…。

え?終わった?

え?

え?

質問すること、ないねんけど。

グループに分かれて質問内容を絞る、という作業に入ったわけなのですが

どうも話が進まない。

リーダーが

「もっと意見、言ってくれて大丈夫ですよ」と言ってくれはするんですが

私は反応に困る。

講義内容は書きませんが

私の感触としては『教科書に書いてあることをそれっぽく話していただいた』という感じで

そこに感想を求められても…な気分なわけです。

数学の教科書読んで『感想をどうぞ!』って言われても

『はぁ…難しそうな公式がたくさん並んでて、すごいなーと思いましたー』ぐらいしか言えないのと同じくらい!

皆さん、ちゃんと質問しててすごいなー。

 

 

 

 

講演会などを聴きに行って、たまに

『自分で参加したのに寝るとは何事だ!』みたいに言う人がいるんですが

いや、仕方ないよね?って思うわけです。

その人の話が聞きたくて行ってる人もいれば

参加しろって言われたから来たっていう人もいるわけで。

眠くなるとか生理現象やし、なんやったら眠くなるような催眠術かけてますよ?と声を大にして言いたい。

別に私だって『今日は絶対寝てやるぅ!』なんて思って参加してません。

内容次第で眠くなる、というだけで。

同じ内容でも喋り方を工夫するとか、話し手も何らかの努力をした方がいいと思う。

私がありがたい話をしてやってるんだぞ!みたいなテンションでこられるのはさすがにどうかな、と思うのです。

別に講師先生に恨みも何にもないけど

それで『何で寝るんだ!』と言われることは心外なのです。

(直接私が言われたわけではないけど)

 

 

 

あとね、こういう研修会とかで

自由席っていうことがたまにあるんです。

これがまた困る。

自分で受けたいから来てる人もいるはずなのに

何故かギリギリに行くと前の席だけ空いてる。

いや、なんでなん?

聴きたくて来たんじゃないの?

私は違うよ?って思っている。笑

熱心な人たちなのに前に座るのを拒むっていうのはもはや矛盾してないか?と思う。

もう何なんだ!

君たちも私と同じなのか?!ええっ?!

 

 

 

今日は機嫌が悪いな…と思いました。笑

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村